現代式縦型巣箱
日本みつばちの会では、広く皆さんに日本みつばちの飼育を楽しんでいただけるよう、藤原養蜂場と共同で、現代式縦型巣箱を開発しました。この巣箱は平成22年度 「いわて特産品コンクール」の工芸・生活用品部門で知事賞を受賞しました。現代式縦型巣箱や重箱式のカタログはこちらをご覧ください。→巣箱のカタログ                 

また、飼い方の実践書『日本ミツバチ 在来種養蜂の実際』と『だれでも飼える日本ミツバチ』を出版しました。詳しくわかりやすい説明と好評です。どうぞご覧ください。
ハニカム人工巣

採蜜の時は、人工巣で生産性アップ!

従来の飼育では、採蜜ごとに蜂の巣がまるごとつぶされていたので、採蜜後に蜂達は、また1から巣を作り直さなければならないため、効率の面 で多くの問題を抱えていました。また、雑味の多い味になりがちでした。日本みつばちの会で独自に開発した人工巣は、航空機材に使われている紙状のハニカム製。軽くて丈夫なのが特長です。巣を壊さないで蜜だけ採取することができるので、味わいもすっきりし、料理向きの蜂蜜の生産性が格段にアップします。

※人工巣を使うときの注意点等、お気軽にお問い合せ下さい。

ハニカム人工巣

 

●お問い合せ●

〒020-0886 岩手県盛岡市若園町3-10 日本在来種みつばちの会
TEL019-624-3001 FAX019-624-3118藤原養蜂場内)
メールアドレス:hachinokai@fujiwara-yoho.co.jp

/ TOP / 日本みつばちの会ニュース / 日本在来種みつばちとは? /
/ 日本みつばちの会会員になりませんか? / 日本みつばちを飼ってみましょう /
/ 藤原養蜂場ホームページへ /